読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代敏感肌の基礎化粧品の選び方とスキンケアの方法

50代の敏感肌に向けた基礎化粧品の選び方や正しいスキンケアの方法をご紹介しているブログです。

50代の敏感肌&乾燥肌には低刺激で高保湿の洗顔石鹸が最適?

洗顔料

f:id:pei127:20170110211347j:plain

 

「洗顔後に肌がつっぱって、痛い!」という方はもしかしたら使っている洗顔料が合っていないかもしれません。

 

敏感肌や乾燥肌の場合は、お肌が弱っていて刺激や乾燥に弱くなっているので余計に洗顔料の違いは影響があります。

 

敏感肌や乾燥肌の方には洗顔石鹸が良いとされていて、皮膚科でも推奨されている場合が多いです。

 

敏感肌&乾燥肌には洗顔石鹸が良い理由とは

 

スキンケアに詳しい専門家の多くが推奨しているように、敏感肌や乾燥肌には洗顔石鹸が良いとされています。

 

というのも、洗顔石鹸が一番肌に負担をかけない洗顔料だからです。

 

洗顔の目的というのは、顔の余分な皮脂や汚れを落とすというシンプルなものであって、やたらめったら顔に付着したものを洗い落としてはいけないです。

 

一般的に使われている洗顔フォームの場合は、界面活性剤の働きで洗浄力が強く、

皮脂を全て落としきってしまうという危険性があります。

 

敏感肌や乾燥肌の方はターンオーバーがうまくいっておらず、バリア機能も低下している状態のため、洗い過ぎて乾燥させてしまうのは逆効果で一向に肌質が改善することはありません。

 

一方、洗顔石鹸は天然由来の成分が豊富で、添加物が少ないため肌への負担が軽減されています。そのため、低刺激で高保湿な洗顔石鹸は敏感肌や乾燥肌が使うべき洗顔料なんです。

 

洗顔石鹸を選ぶ時の注意点

 

一概に洗顔石鹸が良いよと言っているわけではなく、それぞれの製品で成分や相性も変わってきます。

 

ほとんどの洗顔石鹸は無添加と表示されています。しかし、それぞれ含まれていない添加物が違うので注意して確認しておかなければなりません。

 

無添加だからといって安心するのではなく、購入前にはしっかりと成分表は見て良さそうかどうかのチェックは必須です。

 

それと、敏感肌や乾燥肌にとって一番重要なポイントとは「保湿」ですので、保湿力が高いものを選ぶと良いですね。

 

まとめ

 

洗顔石鹸は低刺激で高保湿なので、敏感肌や乾燥肌の方とは相性が良いです。

 

もしかしたら、洗顔石鹸の中に自分に合うものが見つかるかもしれません。

もう洗顔でヒリヒリと痛いのからは卒業したいですね。