読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代敏感肌の基礎化粧品の選び方とスキンケアの方法

50代の敏感肌に向けた基礎化粧品の選び方や正しいスキンケアの方法をご紹介しているブログです。

50代の化粧水は薬局などの市販のプチプラで安いもので十分?

f:id:pei127:20170321142538j:plain

 

 

50代に入ると、肌に変化が顕著に現れてくる頃かと思います。

 

 

しかし、そこまでスキンケアにお金をかけたくない、もしくは

かけれない方は薬局などの市販で売られているプチプラで安い

化粧品を優先的に使っているかと思います。

 

 

保湿をするための、化粧水もプチプラのものを使いたい

方が多いかと思いますが、安いものでも個人的には十分かと思いますね。

 

 

化粧水は保湿にはほとんど意味がない?

 

f:id:pei127:20170321130009j:plain

 

なぜプチプラで安いもので十分かと言うと、化粧水の成分の割合の

ほとんどが水だからです。

 

 

化粧水というのは、水分をお肌に与えるためのものなので、正直

水を肌につけているのとさほど変わりがないと言えます。

 

 

化粧水はお肌に水分を与えて、お肌を整えることで、その後の

美容液が浸透しやすいようにするための役割の方が強いです。

 

 

そのため、化粧水にお金をかけるよりかは、美容成分が豊富

な美容液にお金をかけた方が良いかと思います。

 

 

プチプラで安いものでも成分には気をつけて

 

高いから良いという訳ではないですが、やはり高級なもの

よりプチプラで安い化粧水の方が成分的にも劣るのは間違い

ありません。

 

 

添加物も配合されていることが市販のものでは多いです。

 

 

50代に入ると肌もかなり以前より弱まってきているはずなので、

化粧水に含まれている添加物が刺激となることがあります。

 

 

安いものを優先的に使うのであれば、肌への負担を考えて、

最低限でも何が配合されているかはチェックしましょう。

 

 

化粧水は安く済ませて美容液に力を入れた方が良い

 

f:id:pei127:20170210055145j:plain

 

化粧水はあくまで、お肌を整えるためのものとして使い、

肌に合うものであれば安いものでも全然構わないでしょう。

 

 

しかし、50代の肌では化粧水だけでは保湿は不十分です。

 

 

化粧水の後の乳液や美容液もしっかりとお肌に塗るように

しましょう。

 

 

乳液もお肌に合うものであればプチプラのものでも良いですが、

美容液は少しお値段がするものばかりです。

 

 

ですが、美容液は綺麗なお肌を維持するためには、不可欠なので

そこはケチらずに使うことをおすすめしています。