読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代敏感肌の基礎化粧品の選び方とスキンケアの方法

50代の敏感肌に向けた基礎化粧品の選び方や正しいスキンケアの方法をご紹介しているブログです。

50代敏感肌で化粧品が合わない時はオーガニックコスメ!

f:id:pei127:20170110163256j:plain

 

年齢を重ねて、50代に突入するとまだまだ元気だったお肌も衰えて敏感肌になる方が多くなります。元々デリケートだった方も以前にも増して、超敏感肌になって色々な化粧品が合わないということにもなってきます。

 

「保湿力も高くて、有名な化粧品を使っているのに肌がヒリヒリしたり、痒くなるしどうしてなの・・・」という経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

そんな敏感肌の方にはオーガニックコスメが良いとされているんです。

 

オーガニックコスメとは

 

オーガニックコスメってどこかで聞いたこともあるかもしれませんが、簡単に言ってしまえば、有機栽培で育てられた天然成分で作られた基礎化粧品のことを指します。

 

完全に天然由来のもので作られているため、普通の化粧品よりも肌への負担が段違いに少なく、肌が弱い敏感肌、乾燥肌、アトピー性皮膚炎といった方で使っている方が多いです。

 

使っている化粧品も無添加なのにヒリヒリする原因とは

 

f:id:pei127:20170110195301j:plain

 

今使ってる基礎化粧品は無添加だけど、ヒリヒリするし痒くなるし、オーガニックとは何が違うの?という方もいると思います。

 

確かに、無添加で肌に優しい○○○という基礎化粧品は沢山売られていますが、実は全体の成分の1%しか無添加じゃないということもあるんです。

 

防腐剤や香料といった添加物がどれか入っていなければ、無添加と表示することができるので、完全無添加のものはほとんど売られていないのが現状なんです。

 

特にドラッグストアなどの市販の安い製品は添加物だらけのものが多いです。

 

そのため、敏感肌の方で基礎化粧品が合わないのは、刺激になる添加物が反応してしまったりしている可能性があります。(スキンケアの仕方が間違っていることもあるかもしれませんが)

 

そのため、本当に肌に優しいものは添加物が入っていない、完全無添加のオーガニックコスメなんです。

 

オーガニックコスメを選ぶ時の注意点

 

オーガニックコスメといっても、様々あって全てが良いわけではありません。日本ではオーガニック製品の基準が甘く、厳密に定められてはいないんです。

 

そのため、オーガニックと書かれているけど品質の高いものではなかったりするんです。

 

また、オーガニックの成分は天然由来のものなので、植物で何らかのアレルギーがある方には反応してしまうこともあるんで、どういった成分が含まれているのかは事前にしっかりとチェクする必要があります。

 

まとめ

超敏感肌の方であれば、数種類の添加物が入っていない無添加のものでは、まだ刺激が強く化粧品が合わない場合があります。

 

オーガニックコスメを使えば良いというわけではありませんが、試してみる価値はあるのではないでしょうか。