読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代敏感肌の基礎化粧品の選び方とスキンケアの方法

50代の敏感肌に向けた基礎化粧品の選び方や正しいスキンケアの方法をご紹介しているブログです。

50代の敏感肌向けのシミに効果のある美白化粧品の選び方

f:id:pei127:20170109181846j:plain

 

 30代、40代まではなんとか綺麗な肌を維持できていても、50代に入るとどうしても肌トラブルが増えてきてしまいますよね。

 

50代で特に悩まされるのが顔のシミで、老けて見えてしまう大きな原因でもあります。

 

なんとか美白化粧品などで消したいと思っても、敏感肌の方には美白成分は刺激的なものが多くどういったものを選べばいいか迷ってしまいますよね。

 

そこで、敏感肌向けのシミに効果のある美白化粧品の選び方についてご紹介したいと思います。

 

50代敏感肌のシミの原因

 

そもそも、50代の敏感肌に多いシミができてしまう原因としては「乾燥」と「紫外線」の2つが多いです。

 

乾燥

 

50代にもなると乾燥が以前より激しくなり、ターンオーバーがうまくできづらくなります。ターンオーバーが正常でないと、バリア機能も崩れ紫外線などの影響が受けやすくなってしまいます。

 

そうなると、紫外線によるシミが増えやすくなりますし、乾燥によって角質が残りそれがシミとなって現れます。

 

紫外線

シミの原因として最も多いのが紫外線です。紫外線を浴びることでメラニンが生成されて、それがシミとなります。紫外線は蓄積されていくので、40代までは肌に現れていなかった方でも50代になって一気に現れてしまう方もいます。

 

ちょっと浴びただけでも紫外線は肌に影響するので注意が必要です。

 

50代敏感肌向けのシミ用美白化粧品の選び方

 

50代の敏感肌の方がシミ用美白化粧品を選ぶ時は、美白成分にこだわるよりもまず保湿を重視する必要があります。

 

ハイドロキノンといった美白成分はシミを抑える働きがありますが、肌とって刺激が強く敏感肌には肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。

 

バリア機能を元に戻してシミの原因ともなる紫外線や乾燥にも強くなるためにも、保湿力の高い化粧品であることを第一に考えます。

 

そして、肌に優しい無添加の美白成分が配合されたものでシミをケアしていきます。

 

まとめ

シミ用の美白化粧品は配合成分によっては、敏感肌には刺激が強くヒリヒリしたり痒くなってしまいます。

 

保湿力が高く、肌に優しいものを選ぶようにすると良いですね。