読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代敏感肌の基礎化粧品の選び方とスキンケアの方法

50代の敏感肌に向けた基礎化粧品の選び方や正しいスキンケアの方法をご紹介しているブログです。

50代敏感肌のシワ・たるみ対策!敏感肌でも使える基礎化粧品とは?

シワ・たるみ

f:id:pei127:20170108222116j:plain

 

鏡を覗いてみると、顔にシワやたるみができてガックリとしてしまう方が50代になってくると増えてきます。

 

若い頃はそこまでエイジングケアに気を遣っていなくても、シワやたるみが目立つことはなかったかもしれませんが、50代にもなってくると誰しもが悩むことになってくることです。

 

エイジンケアをしなければ、どんどん顔にはシワができたるみも酷くなって老け顔になってしまうのでしっかりとした対策をしていく必要があります。

 

50代には敏感肌の方も増えてくるため、デリケートな肌に合わせて対策をしていくことも考えていきます。

 

50代のシワやたるみの原因とは

 

長年の積み重ねが、お肌にシワやたるみという形で現れてきます。様々な要因が合わさってできてしまうため、しっかりと原因を知っておくことでケアの仕方が分かります。

 

乾燥

 

シワやたるみは乾燥が原因の場合が多いです。50代にもなると、水分量は若い時よりも大幅に減少し、乾燥することによってお肌のハリがなくなりシワやたるみとなります。

 

年齢による部分が大きいですが、間違ったスキンケアで乾燥させてしまうこともよくあります。

 

加齢による肌老化

 

コラーゲンやヒアルロン酸といった成分が肌のハリを保つのに重要なのですが、加齢によってどんどん減少していきます。

 

特にコラーゲンが不足するとハリがなくなり、たるんでしまうことになります。

 

50代敏感肌のシワ・たるみの対策方法

 

老け顔に見えてしまう、シワ・たるみを解消するには有酸素運動をしたり、食事やサプリメントで美容成分を補給するという方法もありますが、日々のスキンケアから改善

していくのが一般的です。

 

 

スキンケアで解消していくには、まず基礎化粧品をどういったものを選べば良いのかから始まります。50代に多い敏感肌の方は肌への相性もしっかりと考えて、選ぶ必要がありますね。

 

 

では、どういった基準で選んでいけば良いのでしょうか。

 

 

50代敏感肌のシワ・たるみに最適な基礎化粧品とは

 

どういった基礎化粧品が50代の敏感肌には良いのか、いくつかポイントを見ていきましょう。

 

肌に優しい

 

敏感肌が使うべき基礎化粧品はまず肌に優しいものが最低条件です。美容効果が高いものでも、肌に負担がかかるようなものであれば肌荒れに繋がり意味がありません。

 

無添加で肌に優しいものを選ぶと良いです。

 

高保湿力

 

シワやたるみは乾燥からくることが多いため、保湿は一番重点的に考えなければなりません。乾燥はシミやくすみといった50代が悩みがちな他の肌トラブルの原因ともなります。

 

セラミドといった高保湿成分が配合されているものがおすすめです。

 

シワやたるみに効果のある美容成分配合

 

乾燥を防ぐこともとても大事ですが、シワやたるみに効果のある美容成分を肌に与えてエイジングケアをしていくことも大事です。

 

コラーゲン、レチノール、ヒアルロン酸といった成分はハリを出す成分なので、これらのような美容成分が配合されている基礎化粧品を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

 50代から深刻な悩みとなる、顔のシワやたるみですが、スキンケアにこだわることで若々しいハリのあるツヤ肌を維持することは可能です。

 

敏感肌の方は、肌への優しさも考えて基礎化粧品を選び、是非年齢を感じさせない美魔女を目指してみてはどうでしょうか。