読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代敏感肌の基礎化粧品の選び方とスキンケアの方法

50代の敏感肌に向けた基礎化粧品の選び方や正しいスキンケアの方法をご紹介しているブログです。

50代の敏感肌に最適な無添加基礎化粧品とは?

無添加基礎化粧品

昔はそれほどお手入れをしなくても健康的なお肌を保てていたのも、50代にもなると肌も弱くなり敏感肌になってしまい、スキンケアにもひと工夫必要になってきます。

 

肌が弱くなるのに加えて、シミやシワなどの肌トラブルにもなりやすくなり日々のケアで肌の差が出てきます。

 

しかし、敏感肌の方は他の肌質の方よりも繊細のお肌なので、使う基礎化粧品を適当に選ぶと、肌が赤く痒くなってしまったり、ヒリヒリと痛みを感じてしまうことがあります。

 

そうならないためにも、しっかりと敏感なお肌に合う化粧品のポイントを抑えておきましょう。

 

50代敏感肌の基礎化粧品の選び方

 

50代の敏感肌の方が基礎化粧品を使う時のポイントは

 

・無添加で肌に優しいもの

・保湿力

・自分の肌に合うもの

 

を見ていきます。

 

無添加で肌に優しいもの

 

敏感肌にとって、化学成分は天敵となります。防腐剤や香料など化学成分が含まれているものは肌に負担がかかるため、これがヒリヒリや顔の赤みの原因ともなります。

 

余分な化学成分が配合されていない、できるだけ無添加の基礎化粧品が最適です。

 

保湿力

 

敏感肌はバリア機能が低下している状態なので、「保湿」がとても重要となってきます。保湿力の高い化粧品を使うことで、ターンオーバーを正常化して健やかで強い肌を取り戻すことにつながります。

 

自分に合うもの

 

肌に優しく、無添加のものであっても微妙な違いで自分に合う合わないというものがでてきます。

 

そのため、トライアルセットであったり、返金保証のついているものでまずは試してみてから本格的に愛用していくのが安心です。

 

まとめ

 

わずかな刺激でも痛くなってしまったりする敏感な肌には、とにかく肌への優しさと保湿を重点的に考えて普段使う基礎化粧品を選ぶようにしてください。


スキンケア次第で、肌の調子や見た目の若さも変わってくるので、是非こだわっていきたいところですね。