読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代敏感肌の基礎化粧品の選び方とスキンケアの方法

50代の敏感肌に向けた基礎化粧品の選び方や正しいスキンケアの方法をご紹介しているブログです。

50代の肌が弱い・皮膚が薄いは菲薄化が原因?改善方法はあるの?

f:id:pei127:20170120063025j:plain

 

数年前までは、肌が弱いと感じることはなかったのに

50代に入って急に敏感肌になってきてしまったという

方は多いです。

 

それは加齢による菲薄化(ひはくか)が原因である

かもしれません。

 

 

菲薄化(ひはくか)とは

 

菲薄化(ひはくか)というのは、簡単にいってしまえば

肌が痩せて薄くなってしまうことです。

 

どんどん人は歳を取ると、真皮のコラーゲンやエラスチンという

皮膚のハリを保つのに大事な成分が失われていきます。

 

これらの成分が失われていくということは、肌のふっくらした

感じはなくなり、皮膚が薄くなっていくということになります。

 

女性ホルモンの減少も皮膚を薄くする?

 

コラーゲンやエラスチンといった成分が減っていくのも

そうですが、50代にもなると女性ホルモンも減っていきます。

 

女性ホルモンは女性らしさを作るのにとても大事なものですから、

これが失われていくと肌の健康も維持するのが難しくなり、

肌が弱くなってしまうのです。

 

間違ったスキンケアも肌が弱い・皮膚が薄いの原因!

 

f:id:pei127:20170120064806j:plain

 

年齢によるホルモンバランスの乱れ、菲薄化による

肌痩せも肌が弱い・皮膚が薄い原因ではありますが、

間違ったスキンケアも見過ごせない大きな原因である

ことがあります。

 

 

刺激の強い添加物だらけの基礎化粧品を使っていたり、

雑なスキンケアをしていると、気づかないうちに肌を

削ってしまっていたり、ターンオーバーを乱れさせて

しまっていることがあります。

 

 

肌が弱い・皮膚が弱いのを改善する方法は?

 

50代から増えてくる肌が弱い・皮膚が弱い状態を

改善するにはまず、生活習慣を見直してみます。

 

 

ホルモンバランスはとても大事で、睡眠不足やストレス

などが大きく影響してくるので、体や精神に負担のない

生活を送るようにしてくださいね。

 

 

また、コラーゲンに関わる、ビタミンCなどを摂取したり、

コラーゲンが含まれている食べ物を摂取していくのも

良いですね。

 

 

そして、普段のスキンケアも肌に優しく、低刺激な

基礎化粧品を使っていくことを心がけてください。

 

 

こういった点を心がけていくことで、肌が弱い・

皮膚が薄いといった状態の改善に繋がって

いくと思います。

50代敏感肌でも使えるオールインワンジェルとは

f:id:pei127:20170111174228j:plain

 

雑誌やテレビでも紹介されるようになって、多くの方が使うようになったオールインワンジェルですが、スキンケアにはとても便利ですよね。

 

オールインワンジェル1つで様々な化粧品の働きがあるので、コスパもよく肌に負担がかからないのが人気の理由にもなっています。

 

オールインワンジェルとは

 

オールインワンジェルはオールインワンゲルとも呼ばれていて、様々な化粧品の効果を1つに凝縮した便利なアイテムです。

 

普通、スキンケアのステップはいくつかあり、それぞれに合わせて基礎化粧品を使いわけるので大変ですよね。

 

いくつものアイテムを肌に使うわけですから、肌への負担は増して、敏感肌やアトピー肌の方にはできるだけスキンケアの手順は省きたいと感じる方も多いはずです。

 

オールインワンジェルはスキンケアのステップを短縮してくれるので、忙しい時には手間が省くことができますし、肌への負担も少ないというメリットがあります。

 

また、いくつもの化粧品を使わなくて済むわけですから、経済的にもコスパが良くお財布に優しいですよね。

 

まとめ

 

オールインワンジェルを使うとスキンケアが短縮できて便利ですし、何よりも肌への負担が軽減されて敏感肌には嬉しいです。

 

といっても、オールインワンジェルだけだと潤いが足りなかったり、肌に合わないということもあるのでいくつか試してみて良さそうなものを見つけていくのが一番良いですね。

 

 

老け顔に見られたくない!50代敏感肌のエイジングケアの方法とは

f:id:pei127:20170111162503j:plain

 

30代の頃はまだハリがあってツヤツヤのお肌を維持できていた方は多かったかもしれません。

 

ですが、40代、50代になると鏡を見るのが嫌になるほど老けて見えてしまってくる方は増えてきます。特に敏感肌の方は老け顔になりやすいと言われているんです。

 

化粧品メーカーであるPOLAのディセンシアシリーズの調査によると、敏感肌の方は普通よりも11歳も老けてみえてしまう傾向があるらしいです。

 

老けてみえてしまうのは誰しもが嫌なので、どうにかエイジングケアをして老け顔に見られたくないですよね。

 

今回は敏感肌でも使えるエイジングケアに良い化粧品をピックアップしてみました。

 

敏感肌の方が余計に老けてみえてしまう原因

 

そもそも、敏感肌の方が老けて見えやすくなってしまうのは、その肌の弱さにあります。

 

外からの刺激に弱いため、紫外線によるシミも出来やいですし、化粧品の添加物に反応して肌荒れも引き起こしやすくなります。

 

また、敏感肌は乾燥肌でもあるので、肌の水分量が少なく乾燥からくる、くすみやシミといった肌トラブルも多発するために余計に老けて見えやすくなると言われています。

 

こういった原因を踏まえて、それに対応したエイジングケアをしていくことが大事なんです。

 

50代敏感肌のエイジングケア方法

 

50代敏感肌のエイジングケアをしていくポイントとしては、まずは「保湿」をしっかりとするようにしましょう。

 

美白化粧品であったり美容液などで、美白成分で肌を綺麗にしようとするよりもまずは保湿を重視して健やかな肌を作っていくことが良いですね。

 

スキンケアの基本である保湿にこだわることで、ターンオーバーを促進し、美白成分などの美容成分も効果的に使うことができるようになると思います。

 

保湿をした上で、美白成分や整肌成分を使っていくと良いですね。

 

また、敏感肌の方は添加物は悪影響を与えて、肌荒れにもなることもありますので、添加物の少ない無添加のものを使ってエイジングケアをしていくのがいいと思います。

 

まとめ

 

50代の敏感肌の方は、ただ美容成分を使えばいいというわけではなく、肌への

優しさや健やかな肌を作っていくことにも気をつけなければなりません。

 

老けて見られたくない方はまずはシンプルに保湿をしっかりとして、それから美容成分などで補ってあげることが良いエイジングケアだと思います。

 

年齢よりも老けて見えないように、アンチエイジングには力を入れておきたいですね。

 

40~50代敏感肌の赤ら顔を改善!

f:id:pei127:20170111043301j:plain

 

頬など顔が全体的に赤くなる赤ら顔ですが、どうにかして改善したいものですよね。

 

赤くなってしまう原因としては様々あるのですが、敏感肌の方は皮膚が薄くなってしまっていることが原因であると考えられます。

 

40~50代の方はホルモンバランスの影響や肌の衰えなどで、敏感肌になりやすく赤ら顔になってしまうことがあります。

 

どういった対処をしていけば、治していけるのかまとめてみました。

 

敏感肌の赤ら顔の原因とは

 

赤ら顔の原因には様々あり、生まれもっての体質であったり、毛細血管の拡張、ニキビの炎症や皮膚が薄くなってしまうことで赤くなってしまうことがあります。

 

敏感肌の場合、皮膚が薄くなってしまっていることが一番の大きな原因ではないかと考えられます。

 

人の皮膚というのは元々非常に薄く、顔の皮膚を守っている角質層は0.02mmという厚さしかないので、これが薄くなってしまうと毛細血管が浮きやすくなり赤く見えてしまいやすくなります。

 

皮膚が薄くなってしまうと、外的刺激からも弱くなり乾燥やニキビにもみまわれやすくなります。ニキビで炎症を引き起こしてしまうと、赤くなりそれが赤ら顔ともなってしまうんです。ニキビ顔とも言いますよね。

 

皮膚が薄くなってしまうのはなんで?

 

皮膚が薄くなってしまって、赤ら顔になってしまう大きな原因はスキンケアの方法に問題があることが多いです。

 

クレンジングや洗顔をする時はゴシゴシやっていないでしょうか?力を込めてやってしまうと皮膚は削れていき薄くなっていってしまいます。

 

また、肌トラブルを解消するためにピーリングをするのも、過剰にやってしまうと

皮膚を削りすぎてしまいます。

 

スキンケアがちゃんとできていないと、ニキビもできやすくなり赤みともなります。

 

敏感肌の赤ら顔の改善方法とは

 

赤ら顔の原因は、皮膚が薄くなってしまうからということでしたが、皮膚を通常の厚さまで戻してあげることで改善することができます。

 

皮膚を厚くするには、角質層の健康を取り戻してあげることで、自然と薄かった皮膚もだんだん元にもどっていきます。

 

肌に優しいスキンケアを行うことで、健やかな肌を育み、赤ら顔も改善していけると思います。そのためには、敏感肌に合った基礎化粧品を使ってスキンケアをしていくことも大事となってきます。

 

 

 

40~50代の敏感肌・乾燥肌には韓国コスメがいいって本当?

f:id:pei127:20170111005546j:plain

 

日本のすぐお隣さんの韓国は美容大国とも呼ばれるほど、「美」にこだわっている方が多いです。整形が当たり前ということからも、その美意識の高い国民性がよくわかりますよね。

 

美容大国の韓国では、スキンケアに使う基礎化粧品にもこだわっていて、以前から日本でも韓国コスメが流行ってきました。

 

そんな韓国コスメですが、40~50代からどんどん増えてくる敏感肌や乾燥肌にもおすすめされていますが、実際はどうなのでしょうか?

 

韓国コスメのメリットとは

 

韓国コスメがなぜ人気となっているのかは、その品質の高さとリーズナブルさにあります。美容にこだわっている方が多い韓国では、化粧品に含まれる成分にもこだわることが多く、高品質なコスメが多いです。

 


韓国は日本よりも位置的に乾燥しやすいところが多く、高保湿な化粧品が多く、敏感肌や乾燥肌には相性が良いと言われています。

 

 

また、国産のコスメよりも韓国コスメの方がお値段的にはリーズナブルのものが多く、気軽に購入できる点も人気の理由の1つのようです。

 

韓国コスメのデメリットとは

 

知らない方も多いかもしれませんが、韓国は日本よりも配合する成分に関する基準が甘く、日本では禁止されている成分も含まれているコスメがある場合があります。

 

韓国コスメを日本人用に成分を変えて販売しているものは良いのですが、旅行に行った時に現地で購入したものや、輸入品なんかは日本人には刺激が強すぎるものもある可能性があるので注意が必要です。

 

40~50代の敏感肌・乾燥肌には韓国コスメはどうなの?

 

品質が良く、保湿力にこだわっているものが多いことから、40~50代から増えてくる敏感肌や乾燥肌には韓国コスメが良いとも言われています。

 

確かに、韓国コスメは人気ですし、私も良いとは思うのですが個人的には国産のコスメが良いかなとは思います。

 

日本のものはやはりデリケートな日本人の肌向けに作られているものがほとんどですし、安心感は高いです。

 

国産のもので高品質のものは高いものもありますが、安くても敏感肌や乾燥肌の方にも合うものはあります。

 

しかし、韓国コスメを一度も使ったことがない方は、試しに使ってみるのもありですね。

 

もしかしたら、しっくりと自分の肌に合うかもしれません。

 

まとめ

 

韓国コスメは今では以前よりも品質が高まり、人気となってしまいますが、

配合成分に関してはまだ気をつけてみていく必要がありますね。

 

もしかしたら敏感肌や乾燥肌には負担が大きいものもあるかもしれないので、

購入する時にはまずは成分を確認して大丈夫そうかどうか確認してくださいね。

50代敏感肌向けの乳液のタイプってどれなの?

f:id:pei127:20170110222657j:plain

 

 

少しの刺激でも諸に肌荒れなどの影響が出てきてしまう敏感肌は乳液選びにも慎重にならないといけません。

 

乳液は化粧水で保湿したところに蓋をして、水分が蒸発しないようにする役割があり、乾燥が天敵である敏感肌の方には疎かにしてはいけないスキンケアです。

 

乳液の種類と敏感肌に良いものとは

  • 保湿乳液
  • 美白乳液
  • UV乳液
  • ティント乳液

 

乳液には様々な種類があり、だいたいこの4つのタイプに分けることができます。

 

保湿の効果以外にも紫外線をカットしたり、下地としても使えるものもありますが、敏感肌には保湿に特化した保湿乳液が良いと言われています。

 

元々、敏感肌というのは肌が弱いので、保湿を重点的に考えなければなりません。

 

紫外線カットであったり、下地に使える乳液だと保湿成分以外にも様々な成分が配合されているということなので、肌への負担も増加します。

 

ここはシンプルに保湿重視で選んでいくと良いですね。

 

50代敏感肌におすすめの市販で安いプチプラ乳液

 

肌に優しい乳液を使いたいけど、市販で買えて安いし良いものがあれば

それを使いたいという方も多いですよね。

 

特に主婦さんなら自分で使えるお金も限られてくるので、少しでも節約はしておきたいところです。

 

乳液の付け方も大事

 

使う乳液も大事ですが、付け方も大事なポイントとなってきます。

 

乳液を付ける時は、化粧水で保湿した後にすぐにやるようにしましょう。

 

化粧水で保湿しても肌の水分が蒸発してしまうと意味がないので、すぐに乳液で肌に蓋をして潤いを閉じ込めてあげるようにしてください。

 

また、コットンで乳液をつけるか手でつけるかで分かれてくるかと思いますが、手でつけるのがおすすめです。

 

手の方が肌に浸透させやすいですし、コットンに比べて肌に刺激とならないので敏感肌の方には良いと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。敏感肌の乳液を使うポイントは保湿力です。

 

シンプルに保湿力が高いものを選ぶことが、敏感肌の改善にもつながります。

 

 製品によってはデリケートな肌でも問題なく使えるので、自分にあったものを見つけていきたいですね。 

 

 

50代の敏感肌&乾燥肌には低刺激で高保湿の洗顔石鹸が最適?

f:id:pei127:20170110211347j:plain

 

「洗顔後に肌がつっぱって、痛い!」という方はもしかしたら使っている洗顔料が合っていないかもしれません。

 

敏感肌や乾燥肌の場合は、お肌が弱っていて刺激や乾燥に弱くなっているので余計に洗顔料の違いは影響があります。

 

敏感肌や乾燥肌の方には洗顔石鹸が良いとされていて、皮膚科でも推奨されている場合が多いです。

 

敏感肌&乾燥肌には洗顔石鹸が良い理由とは

 

スキンケアに詳しい専門家の多くが推奨しているように、敏感肌や乾燥肌には洗顔石鹸が良いとされています。

 

というのも、洗顔石鹸が一番肌に負担をかけない洗顔料だからです。

 

洗顔の目的というのは、顔の余分な皮脂や汚れを落とすというシンプルなものであって、やたらめったら顔に付着したものを洗い落としてはいけないです。

 

一般的に使われている洗顔フォームの場合は、界面活性剤の働きで洗浄力が強く、

皮脂を全て落としきってしまうという危険性があります。

 

敏感肌や乾燥肌の方はターンオーバーがうまくいっておらず、バリア機能も低下している状態のため、洗い過ぎて乾燥させてしまうのは逆効果で一向に肌質が改善することはありません。

 

一方、洗顔石鹸は天然由来の成分が豊富で、添加物が少ないため肌への負担が軽減されています。そのため、低刺激で高保湿な洗顔石鹸は敏感肌や乾燥肌が使うべき洗顔料なんです。

 

洗顔石鹸を選ぶ時の注意点

 

一概に洗顔石鹸が良いよと言っているわけではなく、それぞれの製品で成分や相性も変わってきます。

 

ほとんどの洗顔石鹸は無添加と表示されています。しかし、それぞれ含まれていない添加物が違うので注意して確認しておかなければなりません。

 

無添加だからといって安心するのではなく、購入前にはしっかりと成分表は見て良さそうかどうかのチェックは必須です。

 

それと、敏感肌や乾燥肌にとって一番重要なポイントとは「保湿」ですので、保湿力が高いものを選ぶと良いですね。

 

まとめ

 

洗顔石鹸は低刺激で高保湿なので、敏感肌や乾燥肌の方とは相性が良いです。

 

もしかしたら、洗顔石鹸の中に自分に合うものが見つかるかもしれません。

もう洗顔でヒリヒリと痛いのからは卒業したいですね。