読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代敏感肌の基礎化粧品の選び方とスキンケアの方法

50代の敏感肌に向けた基礎化粧品の選び方や正しいスキンケアの方法をご紹介しているブログです。

50代の化粧水は薬局などの市販のプチプラで安いもので十分?

f:id:pei127:20170321142538j:plain

 

 

50代に入ると、肌に変化が顕著に現れてくる頃かと思います。

 

 

しかし、そこまでスキンケアにお金をかけたくない、もしくは

かけれない方は薬局などの市販で売られているプチプラで安い

化粧品を優先的に使っているかと思います。

 

 

保湿をするための、化粧水もプチプラのものを使いたい

方が多いかと思いますが、安いものでも個人的には十分かと思いますね。

 

 

化粧水は保湿にはほとんど意味がない?

 

f:id:pei127:20170321130009j:plain

 

なぜプチプラで安いもので十分かと言うと、化粧水の成分の割合の

ほとんどが水だからです。

 

 

化粧水というのは、水分をお肌に与えるためのものなので、正直

水を肌につけているのとさほど変わりがないと言えます。

 

 

化粧水はお肌に水分を与えて、お肌を整えることで、その後の

美容液が浸透しやすいようにするための役割の方が強いです。

 

 

そのため、化粧水にお金をかけるよりかは、美容成分が豊富

な美容液にお金をかけた方が良いかと思います。

 

 

プチプラで安いものでも成分には気をつけて

 

高いから良いという訳ではないですが、やはり高級なもの

よりプチプラで安い化粧水の方が成分的にも劣るのは間違い

ありません。

 

 

添加物も配合されていることが市販のものでは多いです。

 

 

50代に入ると肌もかなり以前より弱まってきているはずなので、

化粧水に含まれている添加物が刺激となることがあります。

 

 

安いものを優先的に使うのであれば、肌への負担を考えて、

最低限でも何が配合されているかはチェックしましょう。

 

 

化粧水は安く済ませて美容液に力を入れた方が良い

 

f:id:pei127:20170210055145j:plain

 

化粧水はあくまで、お肌を整えるためのものとして使い、

肌に合うものであれば安いものでも全然構わないでしょう。

 

 

しかし、50代の肌では化粧水だけでは保湿は不十分です。

 

 

化粧水の後の乳液や美容液もしっかりとお肌に塗るように

しましょう。

 

 

乳液もお肌に合うものであればプチプラのものでも良いですが、

美容液は少しお値段がするものばかりです。

 

 

ですが、美容液は綺麗なお肌を維持するためには、不可欠なので

そこはケチらずに使うことをおすすめしています。

 

50代から始める美容サプリメント

f:id:pei127:20170227070647j:plain

 

 

身体や肌がボロボロになり始めてくる、50代。

 

若い頃は意識して摂取する必要のなかった、
栄養素や美容成分も不足気味になってきます。

 

健康で綺麗な肌を保つには、どんな栄養素や

美容成分を補っていったらいいのでしょうか。

 

美肌を保つのに必要な成分は?

 

50代から急激に劣化してくる肌を若返
させるには、どういった栄養素や成分を
摂っていったらいいのかというと、様々な

ものがあるので、代表的なものをご紹介します。

 

 

まずは、王道のビタミン系ですね。

 

ビタミンAやビタミンEは特に抗酸化作用

があるので、お肌の劣化を防ぎます。

 

ビタミンB群も皮膚の健康を維持するには、

是非摂っていきたいですね。

 

ビタミンは全般的にバランス良く摂取していく

ようにしましょう。

 

セサミンなんかも抗酸化作用があるので、50代

からのアンチエイジングには良いと言われています。

 

また、プラセンタは聞いたことありますが、プラセンタ

はターンオーバーを促進させる働きがあるので、昔よりも

遅くなったターンオーバーを促進させ、古い角質を追いやって

肌トラブルを改善する期待もできます。

 

そして、50代から悩みが深くなってくるのが、たるみや
シワですが、それらを改善するにはコラーゲンを補う

必要があります。

 

しかし、注意なのが、コラーゲンは化粧品で塗ったり

するのは保湿効果しかないということです。

 

コラーゲンを補いたいのであれば、低分子コラーゲンや

コラーゲンペプチドのどちらかが配合されたサプリメント

が良いと言われています。

 

 

美容成分を摂取するならサプリメントが良い?

 

f:id:pei127:20170227084159p:plain

 

 

エイジング効果が期待できる栄養素や美容成分は
食事から摂ることもできますが、結構大変ですよね。

 

 

毎回献立を考えて、栄養素のバランスも考えないと

いけないので、意志が強くないと美肌を意識した

食事を食べ続けることは難しいと思います。

 

 

今では美容サプリメントで簡単に不足がちな栄養素は

簡単に摂取できます。

 

 

 

皮膚が薄い人が使うべき化粧品とは?

f:id:pei127:20170219204139j:plain

 

生まれつきで皮膚が薄かったり、加齢による
肌痩せや、スキンケアのやり過ぎで皮膚が薄
くなりビニール肌など、皮膚が薄い人でも
色々原因は違ったりしますよね。

 

しかし、共通することとしては、皮膚が薄い人は
スキンケアがとっても大変だということです。

 

皮膚に厚みがちゃんとある人に比べて、外からの
刺激にも断然弱くなるもわけですので、お手入れ
は油断できません。

 

使う基礎化粧品によっては、肌がかぶれたり

ヒリヒリするので、化粧品選びも大変です。

 

化粧品の成分しっかりと見てますか?

 

化粧品でも色々ありますが、製品の裏に書いてある
成分はしっかりと確認していますか?

 

無添加で肌に優しいと書かれていても、防腐剤や

アルコールなどの添加物は入っていたりと、

いうことは茶飯事です。

 

皮膚が薄い敏感肌の方は、ちょっとした添加物でも
肌に影響を与えることがあるので、成分確認はしっかりと
した方が良いですね。

 

アルコールなんかはヒリヒリしたり、痒みの原因になる
ことも多く、化粧水といった様々な化粧品に含まれているの

で気をつけましょう。

 

洗顔とクレンジングは洗浄力の弱いものを

 

f:id:pei127:20170219231956j:plain

 

洗顔とクレンジングは皮膚が薄い人にとっては、

難関なステップですよね。

 

肌への負担が少なくなるように、洗浄力が弱い

ものを選ぶと良いですね。

 

洗浄力が弱いといっても、弱過ぎるのもよくないので

ある程度はしっかりと顔の汚れを落とせるものが好ましいです。

 

 

洗顔料なら洗顔石鹸で、クレンジングならクリームクレンジング

とかですね。

 

化粧水だけでなく美容液も使う

 

敏感な肌のスキンケアには保湿は大事です。

 

保湿といったら、化粧水だけで済ませる方も

いるかと思います。

 

確かに化粧水=保湿というイメージがありますが、

化粧水だけでは保湿には不十分です。

 

大半が水でできているので、セラミドなどが入った

美容液を使うのが良いですね。

 

美容液はちょっと高価なものが多いですが、デリケート

な肌をケアするにはそれくらいは頑張ってこだわった

方がいいかもしれませんね。

50代敏感肌でも使える低刺激のボディソープって何?

f:id:pei127:20170212232118j:plain

 

 

身体中が敏感肌な人にとって、毎日お風呂で身体を
洗う時に使うボディソープ選びですら怠ることは
できません。

 

敏感肌やアトピー体質の場合、使っているボディソープ
で身体に湿疹ができて痒くなったり、ガサガサになって
しまうことも滅多なことではありません。

 

50代に入ると、以前よりも皮膚がデリケートになって
、刺激の強いボディソープは合わなくなってくるという
こともあるかもしれません。

 

50代敏感肌のボディソープの選び方

 

ボディソープには無添加や低刺激を謳っている
ものも多いですが、それら全てが敏感肌でも使える
とは限らないんです。

 

無添加と書いてあっても、防腐剤や香料といった限られた
添加物だけが入っていないということはよくあることで、
完全に無添加であることはほとんどありません。

 

市販のものであれば、何らかしらの添加物が入っているため、
それが肌に反応して湿疹を出させてしまうこともあります。

 

しかし、全てのボディソープがダメというわけではなく、
敏感肌向けで肌に優しい成分で作られたものもあります。

 

製品の裏に書いてある成分をしっかりと確認することが
大事ですね。

 

また、成分を見てみてもよく分からないことも多いと
思いますし、使ってみないと肌への相性が分からない
ことも多いです。

 

まずは使ってみて試してみて、ダメそうなら使用を
控えるのも1つの方法ですね。

 

敏感肌には固形石鹸?

 

f:id:pei127:20170212235204j:plain

 

敏感肌にはポンプ式のボディソープよりも、固形石鹸
の方が良いと皮膚科ではしばしば薦められることが
多いようですね。

 

というのも、固形石鹸の方が肌には優しいと言われて
いて、洗顔などにも向いていると言われています。

 

しかし、市販の固形石鹸の場合、界面活性剤が豊富で
肌への負担は大きいものも中にはあります。

 

そのため、洗顔石鹸をボディソープとして代用しても
いいとは思いますが、少しお値段が高くコスパが悪い
ため、あまり実用的ではないとも言えます。

 

肌への負担を考えるならば、洗顔石鹸で身体を洗うのも
いいかもしれません。

 

結論的には、ポンプ式のボディソープも固形石鹸もどちら
が良いのかは難しいところです。

 

それぞれメリット、デメリットがあるので自分に合ったものを
見つけていくしかないでしょう。

 

 50代敏感肌には泡で出てくる洗顔料ってどうなの?

f:id:pei127:20170201065500j:plain

 

 

肌がカサカサと乾燥し、敏感肌になりやすい

50代の方は、毎日使う洗顔料にも気をつかわない

といけないですよね。

 

もし、刺激の強いものを使っていたら、洗顔後に

ヒリヒリとつっぱったり、乾燥を酷くしてしまった

りと大変なことになってしまいます。

 

泡ででてくる洗顔料は、CMでもよく宣伝されていますし

なんだか良さそうな感じがしますが、どうなのでしょうか?

 

泡で出てくる洗顔料は肌に優しい?

 

泡で出てくる洗顔料は肌に優しいイメージがなんだか

ありますが、実際は洗顔フォームよりかは比較的

肌に優しいと言えます。

 

泡で出てくるので、ワンプッシュで泡を作れて便利ですし、

洗浄力も低いので刺激も比較的少なく敏感肌の方でも

使いやすいと思います。

 

しかし、洗浄力が弱い分、顔の汚れや皮脂を落としきれずに

肌に残ったままになることもありえるというデメリットも

あります。

 

そのため、洗顔料としてはあまり向いていないということは

ありますね。

 

顔の汚れや皮脂を落として清潔な状態にするのが、洗顔の

役割ですので、それが不十分だと毛穴詰まりや他の肌トラブル

の原因ともなります。

 

また、泡立てる必要がないので、気軽に何回も洗顔をすると

肌を乾燥させてしまうということもあります。

 

洗顔石鹸のほうがいい?

 

f:id:pei127:20170201081031j:plain

 

泡で出てくる洗顔料も50代の敏感肌の方は、使っても

大丈夫だとは思いますが、個人的にはあまりおすすめは

できないですね。

 

 

やっぱり、洗顔料は洗顔石鹸が一番肌に優しいですし、

肌の弱い敏感肌の方が使うべきだなとは思います。

 

 

私も泡洗顔は使うこともありましたが、洗顔石鹸のほうがが

確実に肌に優しい感じは実感しています。

 

 

成分自体が、無添加で自然由来のものがほとんどだからという

のは当然だから当然だとは思いますが。

 

ですので、泡で出てくる洗顔料よりかは敏感肌の方には

洗顔石鹸推しですね。

 

 

でも、どちらにせよ自分の肌に合うか合わないかは

わからないので、色々試してみて結論づけるのが

一番良い方法ではありますよね。

 

 

50代敏感肌で目の周りがヒリヒリして痒い時の原因と改善方法

f:id:pei127:20170131055820j:plain

 

悲しいことに、年齢を重ねるにつれて

肌は弱体化していって、50代になる頃

には10代の頃に比べてかなり敏感肌に

傾いてきます。

 

顔全体的に敏感になりがちですが、特に

元々皮膚が薄くデリケートな目の周りは

更にデリケートになっていきます。

 

化粧水をつけただけでも、目の周りがヒリヒリ

したり痒いと感じてしまうことも、50代の方では

多いと思います。

 

目の周りがヒリヒリして痒い原因とは

 

f:id:pei127:20170108222116j:plain

 

目の周りの皮膚というのは、身体の構造上

元々薄くできていて、誰もがデリケートで

敏感な部分でもあるんです。

 

それが、50代と年齢を重ねていくと、菲薄化といって

コラーゲンが減少して皮膚の厚さがなくなっていく

ようになります。

 

元々薄かった目の周りの皮膚が更に薄くなるため、

乾燥しやすくなり、ちょっとの刺激でもヒリヒリしたり

かぶれて痒みを感じてしまうわけなんです。

 

こういった体質の変化も関係してくるわけですが、原因は

年齢によるものだけではないです。

 

刺激の強いクレンジングや洗顔料を使っているのも、刺激

が強すぎてヒリヒリしたり、かぶれて痒みを起こすことも

あり得ます。

 

目の周りがのヒリヒリや痒みの改善方法

 

f:id:pei127:20170131061928j:plain

 

目の周りの皮膚が加齢によって、以前より

薄くなっていることが考えられるため、コラーゲン

を補充してあげる必要があります。

 

コラーゲンを生成するのを促進させるビタミンC誘導体

といった成分が配合された美容液やアイクリームで、

ケアをしてあげるといいですね。

 

コラーゲンの力で皮膚に厚みを取り戻して、目の周りの

皮膚を強化させます。

 

あと、使う基礎化粧品も見直してみてください。

 

刺激の強い添加物が入っていると、それに反応して

ヒリヒリしたりかぶれて痒みを感じてしまっている

かもしれません。

 

そして、目の周りに潤いを与えてあげることは毎日

全力でやってあげてくださいね。

 

 

乾燥こそが、肌を弱らせて刺激への抵抗力を下げさせて

いる大きな原因です。

 

カサカサした砂漠のような状態の目の周りの肌を改善することが、

ヒリヒリなどしなくなる健康的な肌を作りだしていくのです。

50代敏感肌の洗顔にはオーガニックの洗顔石鹸がいい?

f:id:pei127:20170126045839j:plain

 

 

元々敏感肌の方も歳を取るにつれてどんどん肌も

薄くなっていって、敏感肌も悪化してきますよね。

 

 

加齢によって皮膚は薄くなるためそれは

仕方のないことなのですが、色々と問題も増えてきます。

 

 

その1つとして、洗顔があります。

 

 

今まではなんともなかったのに、だんだん洗顔の

後に顔がつっぱったり、ヒリヒリすることって

ありますよね。

 

 

それは敏感肌にあっていない洗顔料を使っている

可能性が考えることができます。

 

 

では、50代の敏感肌に相性が良いのはどういった

洗顔料なのかというとそれはオーガニック洗顔石鹸です。

 

オーガニック洗顔石鹸とは

 

オーガニックと聞いたらなんだか美容や健康に

良さそうな聞こえですが、オーガニックとは

一体どういうものを指すのでしょうか。

 

 

オーガニックとは簡単に言ってしまえば、有機栽培

で作られた植物から作られたもののことをいい、

オーガニック野菜なんていう風にも使われていますよね。

 

 

オーガニック洗顔石鹸とは、まさに天然成分のみで作られ

たもののことをいい、化学成分は含まれていません。

 

 

そのため、肌にもとても優しいと言われています。

 

 

オーガニック洗顔石鹸は敏感肌になんでいいの?

 

f:id:pei127:20170126054743j:plain

 

 

オーガニック洗顔石鹸がなぜ敏感肌に良いのかというと、

単純に肌への負担が少ないからです。

 

 

天然由来のものでも、植物のアレルギーがあるので、

それに当てはまる方は別ですが、普通の市販の洗顔料よりも

オーガニック洗顔石鹸の方が格段に肌への負担は少ないです。

 

 

そのため、敏感肌の方でも安心して使えるというのが

あり、実際に肌が弱い方でオーガニック洗顔石鹸を使っている

方は多いです。

 

 

市販の洗顔フォームなどは洗浄力が強く、界面活性剤が含まれて

いるため敏感肌にはあまり良くないです。

 

 

もし洗顔フォームを使ってて、ヒリヒリしたりするので

あれば肌に合っていないということです。

 

 

もし、オーガニック洗顔石鹸を使ったことがない方は

一番試してみるのもありだと思います。

 

 

敏感肌にはお肌に優しい洗顔がベストですね。